arsonists

arsonists day

歳が変われば

近所の歩道は一応「自転車通行可」だけど歩道の正式名称「歩行者《優先》道路」なので法的に自転車は歩行者に対して一時停止or徐行なのです。 ですが警笛鳴らして立ち漕ぎする輩が居て形容し難い反応をしてしまう。 そんな中、車道左を走る人を見かけて、お、偉いなと思ったのも束の間で不まほをいじっているのに気づいてしまう。 それも事故の元なのでやめたほうがいいですよ。 自転車を乗るなら携帯電話を見ながら運転するのを絶対に止めてほしい。もし何か起きた時にバランスを崩し転倒してケガをしたり、自分自身の命を落とす危険があります。対向車や歩行者に迷惑をかけないようにしてもらいたいです。 自転車がないときつい、なるほどですね。免許証は身分証明書やもんね車あれば便利やけど自転車最強説は否めない。 ただ、最近国が自転車にやたら規制掛けてく。 誰でも乗れるのに罰則とかマヌケとしか思えない。 恰幅のよろしいかたは自転車に乗る際に車幅も気にしていただきたい。路側帯を走られると原付等より幅をきかせて危ないです。 急に歩道から路側帯に進路を切り替えるのも危ないので後方確認してください。

やたら蛇行させて減速させてもぶつかる可能性があるよりは、横断歩道から降りてきたひとも自転車もお互い気づけるようにすればいいというか、 そもそも階段やエスカレーターの降り口って降りたあと数歩進ませないと危ないんだよね。

メガネの修理のついでに、TSUTAYAに寄ったら近所の店舗ではずっと貸出中のザ・ラストシップのサードシーズンがフルで置いてあって、 しかもまた自転車で返却に来るのが面倒くさいから郵送返却しようとしたら期間限定で無料だった。オトクな気分だ。

道沿いの横断歩道には全箇所に仕込みの劇団員が配置されているが、今日も嘘くさい歩行者とランナーと自転車で一杯だった。 真っ赤なシャツのランナーとかインチキ臭プンプン。 自転車で信号待ちしてるフリのクソガキは、私が通り過ぎると同時に鼻を思いっきり縦にこすった。わざとらしい小芝居。 自転車で行くとなると充電が心配だなぁモバイルバッテリー1つしか持ってないし。 健康ランド的なところに泊まれればベストだけどダメだった時のために寝袋とマット持ってくか。全国に友達いるのになんで茨城いないんだよ。

まぁ、自転車、乗れて無いけどもね。家の近くの94才の爺さんは、毎日自転車で出かける。 出先を聞くと近くの老人ホームだった。「そんなに毎日行くほど楽しいの?」と聞くと 「7、80の若い女性がたくさんいる」とのこと、なるほど奥が深い。


Share