arsonists

arsonists day

シェア自転車が流行っていますね

左折時に左寄せは義務なのに…「幅寄せしやがって!」って、最近の若者はちゃんとなってないとか言う前にお前もちゃんとなってないやんけ! そもそも教習所で「左折時、左からの追い越し車両を巻き込まないよう、左に寄せて左から追い越せなくする」と教わるはずですが。

歩道と車両との区分のある道路では、自転車は、原則として車道を通行しなくてはなりません。 自転車が通れるのは、「普通自転車の通行可」の標識がある歩道だけです。 犬吠埼灯台行ったあと犬吠駅に自転車置いて銚子電鉄に乗り旭市まで買い物をしてきました。帰り道はヒッチハイクで銚子駅まで同じ年の方に乗せて頂いて帰って来ました。乗せていただきありがとうございます。 ガラケーいじりながらタバコ咥えながら自転車のってるオッサンが前を走ってた。タバコ臭くて抜かしたらマジかってなった。 途中、あんまり普段アイスを食べないのですが、炎天下の中、自転車で現場まわりしていたら、無性にアイスが食べたくなって、買ってしまいました。 アイスはシャキシャキのかき氷派です。でも、この白くまアイス、美味い。夏はアイスが美味い。 一緒に行った友達の自転車姿がかっこ良かった。最近チビズの自転車や三輪車しか乗ってないなぁ。

異動前の職場に健康診断受けにいったら駐輪場に注意書貼ってあったわ、要約すると「他人の自転車やバイクに触るな」

今はやっているシェア自転車は、日本ですと、自動車に乗らないエリア、層がどこかでユーザ数が異なってくるのですかね。 都会か観光地ぐらい。中国はまだ意外と自動車が普及してない証拠かなと。 日本にどれだけ需要があるか疑問。あと乗り捨て自転車で溢れる怖さ。日本ですとコンビニをその基点にする的な感じかな。 シェアリングのリスクとなる「放置→ゴミ化」をどう解消するのかは大いに期待。 この自転車乗り捨てシェアが先進国で成功するなら、今までリスクが大きすぎてシェア不可能とされていたビジネスも一気に動き出す可能性があるかもしれない。 試金石としては見守る価値がある。 なんだろうシェアでいいの言葉がただのチャリパク野郎の自己弁護にしか聞こえないのは、歪んでいるなと、ふと。

都会でなくとも、ほんの少し自転車で走れば主要道路で、スーパーやドラッグストアが揃ってるから不便ではないですけど。田舎といえどもね。

歳が変われば

近所の歩道は一応「自転車通行可」だけど歩道の正式名称「歩行者《優先》道路」なので法的に自転車は歩行者に対して一時停止or徐行なのです。 ですが警笛鳴らして立ち漕ぎする輩が居て形容し難い反応をしてしまう。 そんな中、車道左を走る人を見かけて、お、偉いなと思ったのも束の間で不まほをいじっているのに気づいてしまう。 それも事故の元なのでやめたほうがいいですよ。 自転車を乗るなら携帯電話を見ながら運転するのを絶対に止めてほしい。もし何か起きた時にバランスを崩し転倒してケガをしたり、自分自身の命を落とす危険があります。対向車や歩行者に迷惑をかけないようにしてもらいたいです。 自転車がないときつい、なるほどですね。免許証は身分証明書やもんね車あれば便利やけど自転車最強説は否めない。 ただ、最近国が自転車にやたら規制掛けてく。 誰でも乗れるのに罰則とかマヌケとしか思えない。 恰幅のよろしいかたは自転車に乗る際に車幅も気にしていただきたい。路側帯を走られると原付等より幅をきかせて危ないです。 急に歩道から路側帯に進路を切り替えるのも危ないので後方確認してください。

やたら蛇行させて減速させてもぶつかる可能性があるよりは、横断歩道から降りてきたひとも自転車もお互い気づけるようにすればいいというか、 そもそも階段やエスカレーターの降り口って降りたあと数歩進ませないと危ないんだよね。

メガネの修理のついでに、TSUTAYAに寄ったら近所の店舗ではずっと貸出中のザ・ラストシップのサードシーズンがフルで置いてあって、 しかもまた自転車で返却に来るのが面倒くさいから郵送返却しようとしたら期間限定で無料だった。オトクな気分だ。

道沿いの横断歩道には全箇所に仕込みの劇団員が配置されているが、今日も嘘くさい歩行者とランナーと自転車で一杯だった。 真っ赤なシャツのランナーとかインチキ臭プンプン。 自転車で信号待ちしてるフリのクソガキは、私が通り過ぎると同時に鼻を思いっきり縦にこすった。わざとらしい小芝居。 自転車で行くとなると充電が心配だなぁモバイルバッテリー1つしか持ってないし。 健康ランド的なところに泊まれればベストだけどダメだった時のために寝袋とマット持ってくか。全国に友達いるのになんで茨城いないんだよ。

まぁ、自転車、乗れて無いけどもね。家の近くの94才の爺さんは、毎日自転車で出かける。 出先を聞くと近くの老人ホームだった。「そんなに毎日行くほど楽しいの?」と聞くと 「7、80の若い女性がたくさんいる」とのこと、なるほど奥が深い。